LCCを利用する時の注意点

- LCCを利用する時の注意点

LCCを利用する時の注意点

LCCはローコストキャリアの略であるように、ANAや日本航空などの今までの航空会社と比べて、徹底的にコスト削減をすることにより低価格を実現しているのを前ページでは書きました。

例えばLCCのバニラの場合、沖縄から成田空港まで往復で2万円以下しかかかりません。
ですので格安航空券を手に入れるならLCCも有効な手の一つです。
ただし追加料金を取られやすいなど様々な注意点があります。

LCCのどんな点に気を付けなければいけないか詳しく見ていきましょう。

荷物料金がかかる。

まずLCCでは荷物料金を取られる所が多いです。
例えばバニラとジェットスターの場合規定のサイズは一個までなら無料で持ち込みが可能ですが、サイズを越えたりニ個目以降なら料金を取られます。

バニラならキャリーケースと手持ちの物の合計が10kgまで。
ジェットスターはキャリーケースと手持ちの物の合計が10kgまでとなります。
ただしその場合でも、大抵はLCC以外の航空会社の運賃と比べると大分安値で済みます。

またソラシドエアなら20kgまで荷物代は無料です。


手数料がかかり、料金も変動しやすい。払い戻しも基本的にない。

次にネット以外からチケットを予約及び購入すると、手数料がかかります。
またANAやJALと違って、搭乗日から75日前に予約するなど、早めに狙ったからと言って最安値になるとは限りません。
空席数などで料金が変わり、搭乗日直前に購入すると最安値になることもあります。

先ほど沖縄から成田空港まで往復で2万円以下になると書きましたが、1万円以下になることもあるので変動しやすいのも特徴の一つです。

そして機材トラブルなど、航空会社の都合で飛行機の遅延及び欠航が発生した場合でも払い戻しはありません。
ただジェットスターの場合、ホテル代を代わりに支払ってくれるなど補償制度があったり他のLCCと比べて対応がしっかりしています。
またLCCの欠航率はANAやJALなどよりも低いことが多いです。

飛行機について

LCCの飛行機は座席の間隔が狭く造られています。
前の椅子に膝が当たったり、隣の席の人と身体が当たることも珍しくありません。
また機内食は有料、水なども配られません。
リラックスシートやスタンダードシートなど余裕のある席に変更可能ですが、追加料金が取られます。

このようにデメリットは多いのですが、それに気を付ければ格安航空券になるのは確実です。
ただトラブルがあるのも事実です。
気をつけたいLCCのポイントについては、こちらのページでも(http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20130704_2.html)確認することができます。
快適な旅をするために注意したい所を抑えておきましょう。

関連記事:

    None Found

Copyright(C)2016 格安航空券を買うなら比較サイトに注目!最安値で航空券を手に入れよう! All Rights Reserved.