子供料金のJALとANAとスターフライヤーでの各詳細

- 子供料金のJALとANAとスターフライヤーでの各詳細

子供料金のJALとANAとスターフライヤーでの各詳細

子供料金になれば、自動的に格安航空券として購入できます。
各航空会社によって子供料金を実施していますが、同じ子供料金でも幼児運賃と小児運賃の2つに主に大きく分かれます。
この記事ではANAとJALとスターフライヤーの子供料金の詳細を中心に見ていきたいと思います。

ANAの場合

例えばANAの場合なら、小児は搭乗日時点での年齢が3歳から11歳まで、幼児は搭乗日時点での年齢が生後8日から2歳までの場合としています。
幼児の場合、大人1名につき一名分無料となります。
また小児は大人の片道運賃の約半分の金額になります。
ただし様々な割引特典は、小児運賃から計算されません。
例えば先得は、子供でも大人料金から計算されます。
ただ割引特典によって小児運賃よりも安くなることがあります。
なお大人が小児が一緒に予約した場合でも、自動的に安値のほうで適用されます。


JALの場合

JALの場合、2歳から11歳までの場合を小児とし、大人料金の約半分の金額になります。
1歳以下なら幼児料金となり、大人料金の約1割かかります。また座席の利用もできません。
JALも大人が小児が一緒に予約した場合でも、自動的に安値のほうで適用されます。

スターフライヤーの場合

スターフライヤーの場合、小児は搭乗日時点での年齢が3歳から11歳までとしています。
2歳までなら、大人1名につき一名分無料です。
ちなみに子供料金は、sfj 子供料金で検索したページから具体的に分かり便利です。
例えば羽田から北九州までなら、通常期なら18,250円と提示してくれます。

LCCの場合とその他注意点

ちなみにLCCでは2歳以上は大人料金として取られるところが多いです。
なおスターフライヤーは、2012年にLCCを辞める宣言をしています。
ANAとJALとスターフライヤーはいずれも予約変更が可能ですが、LCCはバニラはプランによっては予約変更不可能などケースバイケースです。
ちなみに旅行中に誕生日を迎えて小児から幼児になった場合の金額対応も、会社によって違います。
子供料金で格安航空券を購入する場合は、各航空会社の内容の違いに注意しましょう。

Copyright(C)2016 格安航空券を買うなら比較サイトに注目!最安値で航空券を手に入れよう! All Rights Reserved.